様々なサービスが充実している東京のバーチャルオフィス

清潔感のある会議室

東京で人気のバーチャルオフィスとは

握手するイメージ

東京でも人気のバーチャルオフィスというサービスをご存知でしょうか。
東京では最近利用する方も増えてきているので、耳にしたことがあるという方も多いかもしれません。
バーチャルオフィスというのはその言葉通り、仮想の事務所を提供してくれるサービスです。
よく勘違いされがちなのですが、あくまで仮想であるため、実際にオフィスとなる空間をレンタルするわけではありません。
最近はクラウドサービスの発達などによって、会社に通勤して働くというような働き方だけでなく、様々な働き方の中から自分にあったものを選べるようになりました。
そのため自宅やカフェなどで働くという方も増えているのですが、やはり法人であろうと個人であろうと、事業を行う上で住所というのは重要なポイントとなります。
自宅の住所をそのまま使用するというのにも問題がありますし、事務所を持たない事業主の方は困ってしまう場合も多いかと思います。
そこで利用されるのが、バーチャルオフィスです。
バーチャルオフィスでは信頼できる東京の一等地の住所を貸し出してくれるため、事業においてはその住所を使用することができます。
また、住所だけでなく電話番号やFAXの番号も貸し出してくれるので、仕事用の連絡先を用意したい場合にも便利です。

バーチャルオフィスなら東京の一等地の住所を借りることができる

働き方の多様化が進み、それぞれが自分に合った働き方をするようになった昨今、個人事業主としてフリーで働く方も多くなっています。
フリーで働く場合はコストの面から考えて、事務所を構えるのではなく、自宅で仕事をするという方も多いです。
しかし、自宅で仕事をするとなると一つ困った点があります。
それが、仕事で使用する住所です。
仕事上で使用する住所を自宅のものにするのに、抵抗を感じる方も多いと思います。
また、事業を行っていく上で住所というのは大きな意味を持つものなので、きちんと信頼できる住所を用意したほうが良いです。
そこで便利なサービスが、東京のバーチャルオフィスです。
バーチャルオフィスというのは実際のオフィスではなく、事業で使用するための住所や電話番号などの、連絡先を用意してくれるサービスです。
バーチャルオフィスの住所は、実際にそこにオフィスを構えるととんでもない家賃がかかってしまうような、東京でも一等地で信頼できる住所ですし、仕事上で使用するための住所としては非常に便利です。
また、バーチャルオフィスの場合は料金も安く、オフィス開設にかかる金額に比べるとずっと安価なので、事務所は必要ないけど住所が必要という場合には、ぜひ東京のバーチャルオフィスを利用してみてはいかがでしょうか。

東京でバーチャルオフィスを利用するメリットとは

バーチャルオフィスは、オフィスを借りることなくビジネスに必要なオフィス機能を利用できるサービスです。東京でバーチャルオフィスを利用するメリットは多数あります。まずは、費用を抑えられることです。開業にあたりオフィスを構える場合、オフィスを借りるのに敷金や礼金、手数料や賃料がかかります。さらにデスクを置くなど、初期費用がかなりかかります。バーチャルオフィスでは実際にオフィスを賃貸するのではなく、住所を借りることになります。そのため、賃貸にかかる賃料がかからず、初期費用もかからないため、月々の支払いを大幅に抑えることができます。また、開業できるまでの期間が早いというのもメリットです。先述の通りバーチャルオフィスでは、オフィスを賃貸しないので、入居審査などで待たされることがなく、スピーディに開業ができます。また、東京の一等地の住所を使えるというメリットもあります。会社にとって所在地がどこにあるのかというのはとても重要です。東京でも一等地に所在地があれば、それだけで会社のイメージが上がりますし、信用度が増します。また、秘書業務の代行サービスもあります。例えば、届いた郵便物の転送や、電話の転送をしてくれるサービスもあります。バーチャルオフィスは、多様な働き方が推奨される現代では必要なサービスです。これから開業を考えているなら、バーチャルオフィスの利用がおすすめです。

TOP